ブログアーカイブ

このブログアーカイブは 2010年12月~ 2019年06月まで 掲載していたものです。
今後はFacebookで記事を更新して参りますのでよろしくお願いします!

阪神淡路大震災

阪神淡路大震災が起こって、今日で16年になりました。
亡くなられた6434名のご冥福をお祈りします。
地震や天災というものは防ぎようのないものです。
首都直下型大地震は30年以内に70%の確率で起こるとも言われています。
だからこそ、被害を最小限に抑える為にも、日頃からしっかりと備えておかなければなりません。
是非、今一度ご家族と話し合う機会をお持ち下さい。

たまにはプライベートなことも…

たまにはプライベートなことも書きたいなーと。
唐突ですが、私はアメリカのプロレスWWEを見るのが大好きです!
毎週二回の放送を高校生の時から欠かさず見ていますし、日本で公演がある際は必ずプラカードを持って応援に行ってます。
「プロレスってヤラセでしょ!?何が面白いの?」ってよく言われますが、分かっててもハマってしまいます。
では何故そんなに好きなのか。
それは「受け」の美学にあります。
相手の技を受け切り、相手の魅力を最大限に引き出すことに、プロレスの素晴らしさが存在します。
アメリカンプロレスは、その表現っぷりが、痛快な程に巧いんです!
これは大事なことですよね。
政治家は、ある意味役者の要素も求められます。
私もこれからはアメプロ観戦で培った技術もアレンジして頑張っていこうと思います!
結局政治の話になっちゃったな。
ちなみに好きなレスラーはThe RockとD-Xです!

タイガーマスク

タイガーマスク現象が話題になっていますが、今回はまず引き算から始めます。
伊達直人マイナス伊達男イコール菅直人……
まあ冗談はさておき、「自分にも世の中に対して出来ることがある」という姿勢と行動に日本中が共感しています。
と同時に私には、「政治が本来何とかすべきだ」という警鐘にも思えます。
「無縁社会」という言葉も昨年から聞こえてくるようになりました。
地域のために働く政治家として、皆さんがお互いのために支え合いながら、安心して暮らしていける街づくりを進めていかなければならないと、改めて考えさせられました。

電子地域通貨!?

電子地域通貨って知ってますか?
言葉通り、地域内だけで使える地域通貨を電子マネー化しようという取り組みです。
区内商店の活性化を目指した杉並区独自のもので、全国初となり、今秋の導入に向けて、現在議論が進められています。
具体的には、杉並区でカードを使って買い物をすると、100円につき1円分のポイントがもらえる仕組みです。
コンビニ等で使えるポイントカードだと思って頂いて結構です。
また、長寿応援ポイントや子育て応援券等の行政サービスも同じカード一枚で受けられる予定です。
「財布は軽く、中身は重く」と、まさに夢が広がる大事業なのです。
ただ、まだまだ議論や試算が不十分だと私は考えていますので、その点は議会でしっかりと追求していきます。
これから杉並区で最も注目されるキーワードになりますから、皆さんもしっかりチェックしてくださいね!

成人の日

ご成人された皆さん、おめでとうございます。
育ててくださったご両親やご家族、周りの方に感謝し、これからは大人の自覚を持って、大いに頑張って下さい!
余談ですが、成人された皆さんが生まれた年は、ティラミスやちびまる子ちゃんが流行した年みたいです。

似顔絵

若手期待の漫画家、「阿佐ヶ谷みなみ」さんに私の似顔絵を描いてもらいました!
恥ずかしいですけどね…
けど本人実物2割増し(もっと!?)で描いて頂けたので、満足です!
これからこの似顔絵を私のシンボルマークとして使っていこうと思います!
阿佐ヶ谷在住の者として、「阿佐ヶ谷みなみ」さんの更なるご活躍を願っています!

東京消防出初式

ニュースでも報道されていましたが、昨日東京ビックサイトにて開催された、平成23年東京消防出初式に消防団員として参加してきました。
大勢の観客が見守る中、数え切れない程の消防関係者が行進します。
冬の海風は切り裂くような寒さです。
それでも規律を取りながら、進んでいきます。
歩く私もただ驚くばかりです。
式が始まり、消防総監はじめ、来賓の方々から祝辞を頂戴した後、直下型大地震を想定した訓練が行われました。
写真にもありますが、多数の消防車や救急車、ヘリコプターも出動した緊迫感ある訓練は、有事の際でも最小限の被害に食い止めるという強い意志を感じることが出来ました。
私は今回初参加でしたが、消防関係の皆さんは本当に地域を大切にしているなと思いました。
だからこそ有事に動じないために、厳しい訓練も進んで行い、規律を重んじることが出来るのです。
私自身も、生まれ育った身近な地域の安全のために働きたいと願い、消防団に入団しました。
そのような意味からも、この出初式で大勢の同志に出会えた気がして、嬉しく感じることが出来ました。

議会版「事業仕分け」

去る12月22日、私が所属する議会会派「新しい杉並」による、議会版「事業仕分け」が実施されました。
報告書がまとまったので、このブログ内でも触れたいと思います。
ちょっと長くなります。。
今回の取り組みは議会改革の一環として試行的に行いました。
国政や、先日杉並区としても実施した「事業仕分け」は、行政が主導してやっているものです。
しかし、本来税金の使い方をチェックするべきは議会であるとの観点から、毎年度行われる決算審査に
「事業仕分け」の手法を取り入れ、一つ一つの事務事業に対する審査の精度を向上させ、
議会主導による行財政改革を目指そうと考え、私たちとしても実施を致しました。
説明員として、行政側から区民生活部長、土木担当部長、政策経営部長、企画課長が、
また、民間から参考人として中央大学教授の佐々木信夫氏、(社)東京JC杉並委員長の石井勇人氏が
出席しました。
今回の対象事業は以下の3点です。
 
①保養のための宿泊機会の提供
②杉並区勤労福祉協会助成
③南北バスの運行
 
①に関しては、各施設の経営環境等が異なるため、一括ではなく、施設ごとに判定しました。
・湯の里「杉菜」 → 要改善
*金額設定に改善の余地があるため
・コニファーいわびつ → 現状維持
*群馬県東吾妻町と友好自治体協定を締結していることも鑑み、団体客の誘致が視野に入れば、
 より安定すると思われるため
・富士学園 → 廃止
*冬季中は施設を閉鎖している上に、赤字の経営体質が一向に改善されないため
・弓ヶ浜クラブ → 廃止
*敷地内に一体的に整備された南伊豆健康学園が平成23年度をもって廃止されるため、
 また、赤字の経営体質が一向に改善されないため
②に関しては、協会が実施する会員向け福利厚生事業が、他の民間団体が実施している事業と
重複していることや、公益法人制度改革を受けての新制度への移行が困難なため、
抜本的見直しと判定しました。
③に関しては、依然として区内には交通不便地域が存在することや、新たな運営手法の導入を求め、
拡充と判定しました。
今回の判定結果は、今後の会派要望や代表質問等を通して、区政に反映出来るよう努めてまいります。
 
ここで、私自身の感想を少しだけ書こうと思います。
そもそも私は自民党の人間です。
政権が交代したことによって、日本の安全保障が脅かされた事実一つ取ってみても、
民主党政権の責任は非常に重く、早急に退陣すべきだと思っています。
にも関わらず、私達は民主党が有名にした、「事業仕分け」を行いました。
それは、良いものは良い、万象我が師であると考えているからです。
先入観なく、ニュートラルに議員としての仕事に取り組んでいきたいと思っています。

仕事初め

今朝ほど、杉並公会堂で行われた杉並区新年賀詞交歓会に参加してきました。
冒頭、田中良区長ならびに小泉やすお議長より新年のご挨拶がありました。
「税収が落ち込んでいく中で、区民サービスの質を維持していく為には、
次の予算編成では事業の優先順位をはっきりしていかなければならない。
また、これから1年間かけて、今後10年間の杉並区の在るべき姿を
基本構想審議会の中で議論していく。」との趣旨でした。
確かにその通りです。
仕事初めにあたって、非常に身が引き締まる思いを致しました。
 
また、第2部では杉並高校吹奏楽部の生徒達によるコンサートがありました。
学生が頑張る姿は、こちらも元気をもらいますね。
何年も連続で賞を取っている楽団だけあって、
私自身も思わず鳥肌が立ち、拍手喝采のコンサートでした。
 
 

惑星ってどういうこと!?

ブログタイトルの惑星って一体どういうこと?って思いますよね。
このタイトルには私なりの深~い意味が込められています。
ご存知の通り、惑星という言葉は恒星の周囲を回る天体を指します。
私は惑星のように地元杉並をグルグル歩き回って、皆さんからの日常の悩みや要望を区政に反映してまいります。
合わせて(Wack自称ワックと呼んでいます)がSay(言う)という語呂も掛けています(苦笑)。
また、惑星には実力や手腕が未知数ではあるが、有望と見られる人という意味もあるそうです。新人議員ではありますが、皆さんからのご期待に応えることが出来るように精一杯頑張ります!