敢えて強気

来週6/2に杉並消防団ポンプ操法大会が開催されます!
私が所属する第6分団は、去年の大会で優勝し、秋の都大会に出場しました。
そうした中で、今年は組織の底上げを図るべく、敢えて新人を中心に隊を編成し、日夜、訓練に励んでいます。
私自身は、間に選挙があったこともあり、可能な限りで4番員の指導にあたっておりました。
その矢先、出場予定の選手に、どうしても大会に出られない事情が発生し、急きょ私がピンチヒッターとして挑むこととなりました。
これが決まったのがGWの真っ最中、今、急ピッチで身体を仕上げているところです^^;
言い訳がましくなりますが、ブランクを埋める作業は簡単ではなく、また、他の選手たちと呼吸を合わせるのもなかなかに難しいものがあります。
しかし、敢えて強気なことを申し上げれば、私には金メダルを獲得した実績と都大会での経験があり、途中参加であっても自分こそがこの隊を引っ張って、優勝に導いていかなければならないという責任感を持っています。
偉そうなことを書いてしまいましたが、要するに、脇坂は自分に最大限のプレッシャーを掛けているのだと笑って読んで頂けたらと思います。
全力で頑張ります!
6/2が良い一日になりますように!