ブログアーカイブ

このブログアーカイブは 2010年12月~ 2019年06月まで 掲載していたものです。
今後はFacebookで記事を更新して参りますのでよろしくお願いします!

仕事納め

年の瀬に様々な仕事が続き、幾つかのものは積み残したままになってしまいましたが、平成29年の活動を概ね終えることが出来ました。

今年は都議選に続き総選挙があったので、特にあっという間だった様な気がしています。

アゲンストの風が急にフォローになる等、政治家は日頃から足腰を強くしていくことが大切だと改めて実感し、しかし、それでも身を置くことが出来なくなるかもしれない世界だと痛感させられました。

私自身としては、幹事長として2年目を迎え、議会運営・会派運営共に、若さと経験不足から出た昨年の「危なっかしさ」からは大分、卒業出来たと思っております。

中でも、初の中野区・練馬区との3区合同勉強会の開催は、自民党の地方議員ならではの取り組みとして好評でしたし、私にとっては幹事団の議員と共に一つの物事を作り上げた、最大のハイライトとも言えます。

一方、会派の故・小泉やすお議員が他界され、私たちは深い悲しみに包まれました。

10期連続当選の最年長議員だった小泉先生は、いつも後輩の私を気に掛け、心の拠り所となって下さりました。

この場で改めて故人のご冥福を祈り、そして、感謝を申し上げます。

いずれにしても、こうして一年間活動することが出来たのは、皆さんの支えや励ましがあったからこそです。

本当にありがとうございました。

それでは良いお年をお迎え下さい。

議会勉強会

今日は区議会の有志で公会計制度の勉強会に出席しました。

地方自治体は年度を通して予算を組み、決算を締める訳ですが、これまでの手法だと、例えば公共施設の減価償却や、職員の退職金の積み立て等、どれだけの資産を有しているのかといった実態が分からないままでした。

そこで、企業では当たり前のことですが、それに倣って地方自治体も一斉に複式簿記に制度を改めたという次第です。

「数字を理解する」ということはもちろん大切ですが、「如何にその数字の変化を行政評価に生かしていくか」を応用問題として捉えることが重要だと学びました。

先日には保育料の値上げについて紹介しましたが、こうした「数字」を活用することで、客観的に施策を見ることが出来る様になります。

ためになる研修でした。

火の用心

昨日は朝から議会改革特別委員会の議会基本条例検討部会に出席してまいりました。

なかなかに進捗が良くなく、一歩進んだかと思えば、すぐに元の木阿弥。

とは言え、部会員のモチベーションは高いので、いつも良い議論が出来ていますし、私自身も作り上げていく楽しさを実感しております。

しっかりした報告が出来るまで、もう少しお待ち下さい。

夜は、消防団員として夜警の任務にあたりました。

途中、町会の皆さんが火の用心をされていました。

空気が乾燥し、火災が多くなる時期です。

良い年を迎えられる様に、お互いに気を付けましょうね。

10連覇

昨日は、我らが石原のぶてる衆議院議員の10期目の当選をお祝いするパーティーにお邪魔してまいりました。
岸田政調会長はじめ多くのご来賓がお見えになり、「10連覇」を華やかに盛り上げて下さりました!
それにしても当選を10回も重ねるというのは本当に凄いことです。
来年の2月で議員生活28年とおっしゃっていましたから、つまりは票を投じて下さる方も世代交代をしています。
にも関わらず、風に左右されやすい小選挙区で、しかも特に難しいと言われる東京都で、それを成し遂げ、今も第一線で活躍をされています。
私自身も見習い、勉強させられることばかりです。
政治の父、石原のぶてる代議士に心からお祝い申し上げます。

連日の党本部

昨日に続けて党本部へ。

今日は都連の定期大会に代わる総務会が開催されました。

私は、杉並総支部を通して、都連の総務を委嘱されていますので、しっかりと議決権を行使しようと勇んで臨んでまいりました!

運動方針や決議には、都議選の反省と総選挙の勝利に驕らないという旨が記されていましたので、組織の再生という意味では良かったと思います。

他方、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の成功に向けて、また、何よりも「東京を世界で一番の都市に」という目標へ、自民党都連が率先して活動していくことも確認しました。

あとは如何に行動に落とし込むか、各々が考えさせられる良い会になりました。

区議連協幹事長会

党本部にて、区議連協幹事長会に出席してまいりました。
私自身、区議連協の役員を受けているのにも関わらず、議会公務と重なってしまいましたので、久しぶりの参加となりました。
偉そうなことを言える身分ではありませんが、率直に感じたのは雰囲気が良くなっているということです。
今日は地方消費税の清算基準の見直しや受動喫煙の防止、LGBT支援等、国・都・区それぞれに関わることについての情報提供を受け、意見交換を行ったのですが、我々としても積極的に意見を上げていくということになりました。
これまでは、どちらかと言えばシャンシャンで済んでいた会議でしたが、この間の都議選や総選挙を経て、私たちも意識を変えていかなければならないと、それぞれの幹事長が率先して行動しているからなのだと感じました。
都連や区議連協幹事長会という組織が、これまで以上に都民や区民のお役に立てていける様に、精一杯、努めてまいります!

定例会終了

昨日でもって、杉並区議会第4回定例会が閉会しました。

先に文化勲章を受賞された雅楽奏者の芝祐靖氏を名誉区民として表彰する議案も急きょ上程されましたか、これも含め、区から提案された議案は全て原案通り可決成立した次第です。

なかでも、認可保育所に掛かる保育料を20年ぶりに値上げするという議案は、マスコミにも取り上げられ、今定例会の中で最も話題となりました。

「福祉」と「サービス」の境界をどの様に線引きしていけば、保育園に直接的に関係のない区民も含めて、広く理解を得ることが出来るのか、私自身も深く考えさせられました。

保護者各位にはご負担をお掛けしますが、伏してのご協力をお願い申し上げます。

閉会後は会派恒例の駅頭活動を高円寺駅で行い、また、今朝は個人として阿佐ヶ谷駅で定例会の報告をしてまいりました。

冷えすぎw

本格的な冬の始まりですね!

お見事、南阿佐ヶ谷!

「本当に住みやすい街大賞2017」に我らが丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅が大賞に選ばれました!

おめでとうございます!

あくまでも民間の一つのリサーチの結果ではありますが、それでも嬉しいことですよね!

同じ杉並区内でもJRではなく、丸ノ内線というのが、また乙ですね!w

https://www.work-master.net/2017113258

ライトアップ

皆さん、お待たせしました!

JR阿佐ヶ谷駅南口のロータリーでのイルミネーションが今日からスタートしました!

ホームから見下ろすも良し、根元から見上げるも良し、あれだけの大きい木に装着されたイルミネーションです!

寒くなり始めた冬を暖かくする地域の皆さんの心意気、思う存分、楽しんで下さい!

総支部総務会

昨日は自由民主党杉並総支部の定期大会に代わる総務会が開催されました。
私は事務局長として事務局を預かっていますので、資料の作成から各級議員をはじめとする総務の方への連絡、会場の確保に当日の仕切り等々、一体どれだけの時間を割いたのかというくらい、この日の為に準備をしてまいりました。
執行部から提出された議案が全て原案通り可決成立し、また会も無事に終わったので、議会中にも関わらず燃え尽き症候群の様な状態になっております(笑)
いや?議会中の開催だったからこそ、これだけ疲れたのかもしれないですね。
と言っても、進行が多少ギクシャクしたりすることもあったので、そこら辺は次回以降に生かせる様にと、早速、残務処理と振り返りを行っているところです。
毎年、思うのは、この瞬間だけ区の職員(理事者)になった気分になるんですよね。
つまり、執行部の一員として議案を提出して、それを可決して頂いて、感謝の気持ちから頭を下げる、普段は議席から見ておりますが、立場を逆転して仕事をしていることに視野が広がる気がしています。
事務局長は本当に大変な仕事ですが、任されていることは一つの信頼の表れだとも思いますし、会派の運営とはまた違った視点で臨むことが出来ますので、引き続き、モチベーションを持って頑張っていきたいと思います。
もちろん、区議会定例会も最終日の12月6日までありますので、師走を全力で駆け抜けていきますよー!